アルバイトの募集広告はココをチェック!〜労働条件の良し悪しの見極め方〜

辞めるときのマナー

学業が忙しくなったり、新しいバイトをしたくなったり…また、単にしばらくアルバイトをするのを休みたくなったりするときもありますよね。
今のアルバイトを辞めたいけど、いつ話を切り出していいのかわからないというかたもおられると思います。
ここでは、いくつかアルバイトを辞めるときのポイントを紹介したいと思います。
(1)最低でも1ヵ月前には伝える。
まず、アルバイトを辞めたい旨を伝える場合最低でも1ヵ月前には雇用主に伝えるようにしましょう。
なぜなら、新しいアルバイトを募集し、その人が来ても仕事の引き継ぎや仕事に慣れるまでにある程度の時間がかかるからです。
突然辞めてしまったら、その間に人手不足になり、仕事が回らなくなれば、アルバイト先に迷惑がかかってしまします。
社会人のマナーとして、できるだけ早く切り出すようにしましょう。
(2)直接雇用主に伝える。
アルバイトを辞めると決心した場合、必ず直接雇用主(店長)に伝えるようにしましょう。
先に他の従業員のかたに自分が辞めることを言って回ることは、誤解も招きやすいので、おすすめできません。
(3)辞める理由に極端な嘘はつかない。
アルバイトを辞める理由として、できることなら正直に辞めたい理由を話すほうがいいでしょう。
しかし、状況や理由によっては、正直に伝えられない場合もあるかと思います。
そのときは、無難な理由を述べるのは仕方がないことですが、明らかに極端な嘘を述べることはやめましょう。
後で知られてしまうと、バツの悪い思いをしてしまうことになります。

アルバイト情報はこちらのホームページがおススメ!

共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加